マッチングサポートのご案内 | マッチングに向けてシーメックが徹底的にサポートします!

こんなお悩みはありませんか?

病院の探し方や、マッチングっていつから準備すればいいのか分からない!
履歴書を書いたけど、これでアピールできているのか自信がない…。
面接の対策方法が分からない…。うまく話せるか不安…。

など、マッチングに関して分からないことや
不安なことはありませんか?

「専門研修や先のキャリア」を
見据えてのマッチングアドバイスをいたします

マッチングサポートを登録する

マッチング3つの無料サポート

メック生の方は全員が受けられるサポートです。皆様の不安を解消します。
メック卒業生のマッチングデータ、専門研修の傾向などの分析を通して、初期研修さらには3年目以降も見据えたキャリアサポートを行います。

1.病院情報・マッチング関連情報の提供

約1,000ある初期研修病院情報、メック生におすすめの病院情報、「電話のかけ方」「メールの書き方」「小論文の書き方」「お礼状の書き方」など、マッチングで必要な周辺知識をご提供します。

2.マッチング採用試験情報の提供

過去10年分のメック卒業生が病院見学・採用試験受験後にまとめた過去の情報をご提供します。

3.マッチング対策無料講演会の実施

開校後にマッチング専門スタッフが、マッチングの概要や分析したデータにもとづいた講演会を実施します。初期研修病院サーチの活用方法についてのご案内や、マッチング活動において必要な準備やマナー、さらに面談時に気をつけたい所作など重要なポイントをレクチャーします。

マッチングサポートを登録する

マッチングトータルサポート

メックのマッチングトータルサポートは『最適な研修病院』にマッチするためのサポートです。
①個別面談(病院探し) 、②書類添削、③模擬面接の中から、一人ひとりのご希望や目的に合わせたサポートを3つ選んで万全な対策ができます。必要なことを重点的に対策して頂けるサポートです。


個別面談
(病院探し)

お一人おひとりの背景や
希望に合わせてアドバイス


書類添削+
フィードバック

履歴書・応募書類・
小論文の添削とフィードバック


模擬面接
 

受験病院を想定しての
模擬面接とアドバイス

上記から必要なサポートを3つ選んでいただき、対策を行います!(組み合わせは自由)
※有料サポート価格:66,000円(税込)

マッチングサポートを登録する

①個別面談(60分)

■希望条件に合った病院情報の提供、個別の悩みなどにも対応

じっくりと時間をかけた個別面談でご要望やご不安などヒアリングをおこないます。病院詳細情報リサーチのご依頼なども承っており、お一人おひとりの背景やご希望に合わせて、適切にアドバイスやご提案を行います。

②書類添削(1病院に付き1回添削)

■志望動機や自己アピールなどの作成をサポート

1病院分の履歴書、エントリーシート、小論文などマッチングに必要な書類の添削を行います。添削後は修正箇所や気をつけるべき点などをフィードバックします。

③模擬面接(1病院に付き1回)

■採用する側の病院目線となり、修正・アドバイス、対策を実施

希望する病院の実際の面接内容に合わせた模擬面接を実施します。言うべきこと、言ってはいけないことなど、発言内容を細かくチェックします。 さらに、身だしなみや立ち振る舞い、言葉遣いなどを含め、自分では対策できない部分をアドバイスします。
・面接(1回+振り返り)

必要な対策を組み合わせて
万全なマッチング対策しましょう

マッチングサポートを登録する

メック生のマッチング3つの「強み」

「医師人材紹介の専門スタッフのマッチングサポート」と「病院からメックへの信頼」

20年以上の実績を誇るメックのマッチングサポートでは、医師人材紹介の専門スタッフがメック生を完全サポートします。メック卒業生のマッチングデータ、専門研修の傾向などの分析を通して、初期研修さらには3年目以降も見据えたキャリアサポートを行います。医師国家試験の合格率やメック卒業生の活躍から、病院からの信頼度も高くなっております。


業界唯一、マッチング~専門研修に
精通したエージェントがアドバイス

過去データから的確にアドバイス

個人では集められない病院情報の提供


メック生の合格率が高いので、
病院からの信頼性が高い

「自宅浪人」「他予備校」よりも
「メック生」の評価が高い


過去のメック卒業生(先輩)が
現場で活躍している

過去のメック卒業生(先輩)が
現場で活躍している

「専門研修や先のキャリア」を
見据えてのマッチングアドバイスをいたします

マッチングサポートを登録する

メック生のマッチング病院一覧

過去にシーメックエージェントが紹介し、マッチングした病院を一部抜粋してご紹介します。

関東
板橋中央総合病院、東京医療センター、災害医療センター、日本医科大学病院、昭和大学病院、埼玉病院、春日部中央総合病院、亀田総合病院、成田赤十字病院、千葉大学附属病院、順天堂大学浦安病院、横浜中央病院、聖マリアンナ医科大学、伊勢原協同病院、菊名記念病院など
関西
大阪医療センター、大阪市立総合医療センター、大阪医科薬科大学、大阪公立大学附属病院、済生会野江病院、京都医療センター、京都大学附属病院、京都第二赤十字病院、神戸大学附属病院、明和病院、明石医療センター、兵庫医科大学病院、川崎病院など
東海
名古屋医療センター、豊橋市民病院、安城厚生病院、公立陶生病院、半田市立半田病院、協立総合病院、愛知医科大学、藤田医科大学、中濃厚生病院、東濃厚生病院、焼津市立総合病院、、静岡市立静岡病院、伊東市民病院、伊勢赤十字病院、三重中央医療センターなど
九州
九州医療センター、小倉医療センター、熊本医療センター、聖マリア病院、福岡記念病院、九州大学病院、福岡和白病院、久留米大学、福岡大学病院、新水巻病院、山口赤十字病院、岩国医療センター、佐世保市総合医療センターなど