医師インタビュー

【埼玉/新久喜総合病院→内科専攻医インタビュー】女性も働きやすい? 医師の働き方改革は?

新久喜総合病院×内科専門研修プログラム

新久喜総合病院は埼玉県利根医療圏の急性期病院です。内科専門研修プログラムでは当院を基幹施設として、県内外に連携施設を有しています。連携施設は県内では埼玉医科大学総合医療センター、東京都に東京品川病院、東京新宿メディカルセンター、福岡県に新小文字病院、新水巻病院、福岡和白病院があります。
内科専門研修プログラムでは、総合内科に属しつつも、希望に応じて専門科にも入れるので比較的自由度があります。循環器内科、消化器内科はカテーテル・内視鏡の手技件数も豊富なので、専門医取得に必要な症例や経験を積めます。内科全般の経験も積めるので、将来、開業を視野に入れて励む専攻医に欠かせないスキルを磨けます。

私がお答えします

【 宮本 七海 (みやもと ななみ)医師 】
出身地:埼玉県
卒業大学:順天堂大学
サブスペ科:代謝糖尿病内科
2023年 新久喜総合病院 初期臨床研修修了
2023年 新久喜総合病院 後期研修

キレイで新しい! 穏やかな忙しさで早く帰れる日も

選んだ理由と研修内容

── 初期研修から新久喜総合病院をお選びですが当時病院見学は行いましたか

宮本医師: 埼玉県から奨学金を借りていたので、県内の病院で初期研修を受ける予定でした。いくつか見学で回ったのですが、当院がダントツで一番新しくキレイでしたよ。それに、医局の雰囲気がよくて、仲の良い様子が伝わってきました。病院見学の時点で、こんな環境で働けたらいいなと感じました。

── 新久喜総合病院のマッチングは人気傾向ですが無事マッチしましたか

宮本医師: 1次募集では新久喜総合病院は見学していなかったのでマッチング登録はしませんでした。それまでに見学に行った中で迷った末、1次募集は大宮周辺の病院にしました。しかしアンマッチに。結局、2次で新久喜総合病院に決まりました。私の年度はたまたま定員に余裕があったので、運がよかったかもしれません。

── 後期研修で新久喜総合病院に残った理由を教えてください

宮本医師: 院内の雰囲気がよかったことと、研修の自由度が高くていろいろな挑戦ができそうだと思ったことです。私は医学生時代、産婦人科志望でした。当院は産婦人科の専門研修プログラムがないので、当時は他院で専攻医になろうと思っていました。 残るきっかけは、初期研修で代謝糖尿病内科に回ったことです。そこの先生に憧れて、代謝糖尿病内科を志望するようになりました。

── 新久喜総合病院でも糖尿病・内分泌のサブスペシャルティを取れるのでしょうか

宮本医師: 残念ながら現状、当院でサブスペシャルティの内分泌糖尿病専門医は取れない状況です。学会の基幹施設になっていないためです。しかし、総合内科の外来でたくさん糖代にかかわる症例に触れられています。 ここで研鑽を積むことが、今の自分にとっては大切なことと考えています。

コメディカルとの関わりについて

── コメディカルさんとの関わりは多いでしょうか

宮本医師: 看護師さん含め、みなさんめちゃくちゃ優しくて、仲がいいですよ。医学生時代は、とても怖い実習もあったので本当にあたたかくてありがたいですよ。

── 糖尿病の患者さんは食事指導もありますがそのあたりは担当していますか

宮本医師: 当院は栄養科や薬剤科の方がすごく積極的で、そちらの方々が入って要の部分をやってくれています。

1日のスケジュールを教えてください

── 代謝糖尿病内科はQOLが高いと医師に人気の診療科ですね

宮本医師: はい。外来だけで働くこともできるので、ライフワークバランスを保ちやすいと思いますね。糖尿病は患者数が多くて需要があること、そしてしっかり対応すれば緊急の対応などほとんどなく、回復するケースが多いこと、これらがQOLを保ちやすい一因ですよね。新しい薬もたくさん出ている面白い分野だと思います。

●おおまかな1日のスケジュール
午前中:回診、外来、外来カンファレンス
ランチ
午後:病棟患者対応、回診
17時半:退勤

宮本医師: 週1回、15時に病棟カンファレンスがあります。毎日朝夕2回は、病棟の回診をしますが、基本的に17時半には終わりますね。指導してくれる先生は合計3人いるので、安心して対応できます。

── 後期研修になったことで忙しくなりましたか

宮本医師: 思った以上に忙しくなりましたね。ただ、夜遅くまで勤務時間が延びたというわけではありません。勤務時間内の忙しさが増したイメージですね。それでも総合内科は他科と比較すると穏やかな忙しさだと思います。

── 夕方に帰れるのはありがたいですね

宮本医師: 「働き方改革」の影響で、仕事が早く終われば帰れるようになりました。もちろん、毎日早く帰れるわけではありません。夕方に入院対応に追われる日もあります。それでもライフワークバランスは取りやすいと思います。

── 当直は忙しいですか

宮本医師: 当直は大変な部分もあります。私は上級医のなかで一番若手ですから、夜は緊張感を持って起き続けています。ただ、この立場だからといって、私だけに重く負担がのしかかることはなく、上の先生たちがしっかり仕事のボリュームを調整してくれています。

職場の雰囲気は?

── 久喜の暮らしはどうですか?

宮本医師: 意外と住みやすいですね。基本的に車移動が多いのですが、今は夫も同じ病院に勤務しているので送ってもらっています。休日のお出かけも、東京まで1本で出られるので便利です。

―― 最後に、内科専門医を目指す方にアドバイスをお願いします。

宮本医師: 研修中は、興味のない分野であってもしっかり取り組むことが大事だと思います。内科に行くと決めていても、研修中に見た外科の知識が追って役に立つこともあるので、ぜひ前向きに取り組んでください。新久喜総合病院は各科の垣根が低く、周囲に何でも相談しやすい環境です。初期研修のうちは忙しい時期も多いかと思いますが、その分たくさんの経験ができます。気になったら、ぜひ見学に来てみて下さい。

―― 宮本医師、ありがとうございました

専攻医・シニアレジデント研修時の処遇

募集人員
2名
当直
4回/月
想定年収
専攻医1年目:900~1000万(当直、時間外手当込み)
専攻医2年目:950~1050万(当直、時間外手当込み)
専攻医3年目:1000~1100万(当直、時間外手当込み)

シーメックコンサルタントにお任せください!

ここまで読んで、研修先を選ぶ際におさえるべきポイントが見えてきたけど、もっと病院の詳細情報を知りたい、 専門が決められないなど、さまざまなお悩みがあると思います。

そんなときは、シーメックの専門研修キャリアサポート相談を活用してみてはいかがでしょうか?

経験豊富なシーメックコンサルタントが、皆様のご希望に合ったキャリア・専門研修のアドバイスを行います。 お忙しい先生方に代わり、見学や面談の段取りや条件交渉の他、希望に沿った病院探しなども無料でサポート致します。 ご質問や不安な点がある場合も、シーメックコンサルタントが病院に確認させていただきます。
まずはメールや電話でご対応させていただきますので、お気軽にご相談ください。

ご相談(無料)登録