医師インタビュー

【ツカザキ病院/内科専攻医インタビュー】姫路郊外の落ち着いた環境に立地し、数多くの手技を通じて成長できる病院

【 永澤 佳奈 医師 】
出身地:大阪府
卒業大学:大阪公立大学
2021年 初期研修を大阪赤十字病院で行う
2023年 専門研修をツカザキ病院で(循環器)内科専攻医として行う

手技を数多く経験できることが、ツカザキ病院を選ぶ決め手に。

── 専門研修先としてツカザキ病院を選んだ理由と循環器を専攻した理由を教えてください。

永澤医師: 大阪の出身なので、後期研修先は漠然と関西で、と考えていました。 ツカザキ病院は学生時代に何回か見学させてもらったことがあり、手技の経験機会も多そうな環境だと感じていたので、当院でお世話になることにしました。

専攻については研修医の時に一通り内科を回ってみて、循環器が最も自分に合っていそうな気がしたのです。 忙しい毎日ですが、もともと自分は仕事に集中して「もう1日が終わった」と感じられる方が好きなタイプなので、性に合っていると思います(笑)

── 実際に働いてみて、ツカザキ病院の印象、そして特色は?

永澤医師: 1年目から循環器に集中して取り組んでいますが、イメージ通りという感じです。 実際に手技も数多く経験できていますから。外来も担当しているので、必然的に検査やPCIなどが必要な患者さんを自分で見つけることになります。そうした患者さんは検査なども自ら対応しますから、結果的に数多くの手技をこなすことになるのです。
*希望があれば専攻医1年目はメジャー内科ローテも可能です!

専攻医でもさまざまな手技を経験できることは、当院の特色といえるでしょう。

今の循環器内科には6人の医師が所属していますが、私以外にもう1人女性の専攻医がいます。また、他の診療科には私と同じ大阪公立大学出身の先生も何人かいるので、循環器内科の上級医を含め、先生方とコミュニケーションをとりながら励んでいる感じです。

5時に終業可能。時間を要する手技が入れば5時以降になることも。

── およその1週間のスケジュールを教えてください。

永澤医師: もちろん医師によって違いますが、私の場合は次のような感じです。

月曜日 午前は外来を担当(15人前後の患者さんに対応)。
火曜日 カテーテル治療TAVIが入っていれば参加、午後は予約があれば経食道エコー検査などにも対応。
水曜日 午前は救急当番。救急車が来れば対応。
金曜日 午後は救急当番。
木/土曜日 大体、隔週で休日。勤務日は病棟管理

出勤は7~8時の間で、日中の空いているところにカテーテルやPCIなど、自分が対応すべき手技を入れていきます。午後にかなり時間を要する手技が入れば帰宅が5時以降になることもありますが、逆になければ5時には病院を後にしています。

救急対応は1件もない日も。HCUではオンコールにも対応。

── 救急当番と当直の様子を具体的に教えてください。

永澤医師: 救急対応では循環器のホットラインを担当しているので、必要に応じて対処しています。ウォークインを含めても救急対応が1件もない日もありますが、さすがに救急搬送が重なると、とりあえず一通り対応しないといけないので大変です。

当直は月3回で循環器のホットラインが基本となりますが、内科の先生がいないときは内科全般に対応しています。 もちろん、緊急内視鏡などの必要性が生じたときは、消化器の先生を呼んで対応してもらっています。

当院にはICUはありませんがHCUがあるので、当然、循環器の患者さんも含まれます。自分の担当患者さんがHCUに入っていることも多く、オンコールも週に1~2回、多い時には3回ほど応じています。

落ち着いた姫路の郊外に立地。神戸まで足を延ばしても1時間の環境。

── ワークライフバランスや生活環境について、教えてください。

永澤医師: 私を含め、医師の方々は臨機応変に休みをとれていると思うので、ワークライフバランスは良いと思います。当直明けは基本的に午後が休みとなりますが、自分の患者さんへの対応など休めないことも多いので、その分は他の日にきっちりと休んでいます。 なので、柔軟に休みを消化できていますね。

当院は姫路市の網干区にあり、市の中心部からは少し離れていますがJR網干駅まで徒歩10分ほどの距離なので、休日は遠くまで出かけることもできます。食事やショッピングは姫路中心部のみならず、新快速1本で神戸まで1時間程度なので特に不便は感じず、過ごしやすい環境だと思います。

ただ、郊外であることは間違いないので、車は欠かせない感じです。

── 将来に向けて考えていることはありますか?

永澤医師: 私自身、心不全に興味がありますが、心不全はいわば誰でも診ないといけない症例で専門性を求めるのは難しそうです。
なので、まだ漠然とですが、将来的にはエコーを追及するのもいいかなと考えています。

切磋琢磨しながらともに成長できる若手がもっと増えることを願っています(笑)

まとめ

今回は、内科研修医として後期研修中の永澤医師にお話を伺いました。研修先を選ぶ際のポイントが見えてきたのではないでしょうか。
専門分野に合った研修先を選べると、キャリアの土台を効果的に作ることができます。充実した経験を積めるよう、参考にしてみてください。

専攻医・シニアレジデント研修時の処遇

募集人員
定員 9名
勤務時間
8:40 ~ 17:00
当直
3回/月程度
想定年収
3年目 1200万円~

シーメックエージェントにお任せください!

ここまで読んで、研修先を選ぶ際におさえるべきポイントが見えてきたけど、もっと病院の詳細情報を知りたい、専門が決められないなど、さまざまなお悩みがあると思います。

そんなときは、シーメックの専門研修キャリアサポート相談を活用してみてはいかがでしょうか?

経験豊富なシーメックエージェントが、皆様のご希望に合ったキャリア・専門研修のアドバイスを行います。 お忙しい先生方に代わり、見学や面談の段取りや条件交渉の他、希望に沿った病院探しなども無料でサポート致します。ご質問や不安な点がある場合も、シーメックエージェントが病院に確認させていただきます。
まずはメールや電話でご対応させていただきますので、お気軽にご相談ください。

ご相談(無料)登録